ガムランアンサンブル ダルマ・ブダヤ

Gamelan Ensemble Dhama Budaya

 

Gamelan Ensemble Dharma Budaya was founded in 1979, as a collaborative activity of The Ueno Foundation for Art and Culture of Asia and Osaka University, School of Letters, Department of Musicology. Since then, Dharma Budaya started their public performances of the central Java Style classic music, together with the contemporary Gamelan music composed upon their commission to music composers who had interests in the Gamelan orchestral architecture, totally different from the Western style ones. By implementing those active performing policies, Dharma Budaya has contributed to the contemporary music scenes of Japan. They also commenced international activities, one of the successful example of which was the one they performed in 1996 in four cities of Indonesia. 


Of their current activities, to be noted is their focusing more on the classical and original style, and making efforts to add a new meaning in terms of cultural conservations, by running the regular Gamelan concert series, regularly twice a year, in spring and autumn at an Osaka University campus. 


Another activity of theirs to be noted is their conspicuous contrast to the classics. They perform newly composed original pieces, and continue to expand their music perspectives into wider scopes, for example, by collaborating with "Performance Troupe TAIHEN" for three years since 1999, by releasing a new CD "Overflow" that contains all new original Gamelan works in the year of 2000, and in a performing concert named "Square" in 2004 that was a collection of beautiful collaborations with Japanese and Javanese dancers, which received a high evaluation. Dharma Budaya is trying to keep in touch with the society in more casual occasions such as workshops for citizens, "Sunday Gamelan" which everybody is invited and so on. It is a open-minded and pretty active Gamelan ensemble in Kansai area of Japan. 

1979年に、植野アジア芸術文化振興財団との共同事業として、大阪大学文学部音楽学研究室を拠点に結成された.一貫して中部ジャワスタイルの古典音楽を学びつづける一方、ガムランのための新しい作品の演奏を手がけ、現代のガムランの展開に大きく貢献してきた。国際的な舞台にも参加、1996年にはインドネシア4都市での演奏旅行を成功させた.

近年は、伝統の体現を目指し、古典音楽の演奏に一層の磨きをかけ、毎年、春と秋には大阪大学で古典音楽を中心にした定期コンサートを行っている.同時に、オリジナルの創作にも積極的に取り組んでおり、1999年からは3年にわたり劇団態変との公演でコラボレーションを行い、2000年にはジャワのガムランによる、日本初のオリジナル ガムランのCD「壺から溢れでるもの」をリリース.2004年には舞踏家、ジャワ舞踊家とのコラボレーションによる自主公演「スクエア」を成功させた.一般向けのワークショップや誰でも気軽に参加できる日曜ガムランも行っており、関西における開かれたジャワ・ガムランのグループとして幅広い活動を行っている.メンバーは10代~40代の社会人と学生。代表は山崎晃男(大阪樟蔭女子大学).HP: Dharma Budaya

第一部 中部ジャワの古典曲より

Beksan Retna Kusma 舞踊 ルトノ・クスモ

第二部 ダルマ・ブダヤのオリジナル曲より

Air Naga アエル・ナガ 作曲:山崎晃男

似て非なる世界の魅力:ローカル音楽からグローバル音楽へ

たくさんの西洋人や日本人がガムランに関心を持つ理由は、ガムランが西洋音楽と異なるたくさんのアイデアに基づい ていて、しかもそれらを高度に発展させて成立している音楽であるということです。ガムラン音楽は西洋音楽とは非常に 異なった響きを持つにもかかわらず、そこには驚くべき相同性が認められる.ガムラン音楽は「骨格となる旋律(バルン ガン)」と「バルンガンへの装飾」と「バルンガンの節目」から構成される.西洋音楽の要素を「主旋律」「それにまと わりつく和声~装飾音」「リズム」と荒っぽく分解する事は不可能ではなかろう.ただ、旋律と言っても西洋音楽の音律 とは異なっており、和声と言っても西洋音楽の和声とは異なる原理での音の重ね方のであり、アンサンブルといっても西 洋音楽が完全におなじピッチを前提になりたっているのに対して、ガムランでは楽器間でピッチを完全にあわせないこと で、あえてうなりを作る.似て非なる完成度の高い音芸術であるガムランは西洋音楽にとっては一つの力強い「対案」と 映るのである.それ故に西洋音楽作曲家が魅せられて作品をつくり、演奏家、聴衆も巻き込んでよりグローバルな音楽活 動を展開している.ガムラン音楽はインドネシアに局在した代表的な民族音楽であると同時に、現在は、北米・ヨーロッ パ・日本・オーストラリア・ニュージーランドなどで数多くのグループが演奏活動をしている.インドネシアを含むこれ らの国々で日々、新しい楽曲が生み出されているグローバルで現代的な音楽でもある.